K2HD MASTERING Plus SERIES

マスターの魅力を余す事なくパッケージしたい、そんな想いからこのシリーズが誕生しました。

ビクターエンタテインメントFLAIRとメモリーテックの連携により開発された究極の高品質ガラスCD製造技術、「K2HD MASTERING + (プラス) CRYSTAL」。
この最高峰の高音質技術とノウハウをガラス素材以外にも生かしたCDづくり、それが「K2HD MASTERING +(プラス)シリーズ」です。
「K2HD MASTERING +シリーズ」では、K2HDマスタリングが施されたマスターに込められた楽曲の魅力と高次元な音楽情報を、素材の異なるCDにそれぞれの特性を最大限に生かして最適な状態でパッケージします。
ハイクオリティーなマスターと高品位な素材の組み合わせだけに留まらず、マスタリングシステムから製造工程までの随所に,他には無いテクノロジーとノウハウを施し、このシリーズでしかできない表現力を具現化し、CDというメディアの可能性を更に高めます。

〜最高峰の音と品質、「K2HD MASTERING + CRYSTAL」〜

「K2HD MASTERING +(プラス) CRYSTAL」は、K2HDマスタリングにより引き出された楽曲の魅力を、広帯域で高分解能な音楽情報でガラス素材のCDに余すことなく収めることが可能です。ビクターエンタテインメント FLAIRとメモリーテック株式会社との連携により実現した究極の高品質ガラスCD製造技術です。
「K2HD MASTERING +CRYSTAL」には3つの大きなポイントがあります。一つ目は、K2HDマスタリング によってマスターのクオリティーを極限までアップしていること。

二つ目は、最高とされるCD素材を採用している点。その技術のベースは、「CRYSTAL DISC」と銘打つメモリーテックが唯一有する高度なガラスCD製造技術です。
「K2HD MASTERING +CRYSTAL」は、ディスク基板に光学用ガラスを用い、音楽信号のピットを形成に液状の樹脂を用いた紫外線硬化方式を採用することで、通常のCD素材であるポリカーボネイト(プラスチック)系とは比較にならない、物理特性や再生電気信号特性、高精度なピット転写を実証しています。加えて反射膜には既存のアルミに換えて初めて純金を採用し、これまでのガラスCDにはない圧倒的な高品質化がなされています。
透過性、復屈折、入射光・反射光の歪みが少ない光学性能と、傷や割れにも強く、温度・湿度による経年変化の殆どない理想的なCDを実現しました。

<製造方法 2P法> (Photo Polymerization)<再生電気信号比較> CRYSTAL CD vs. 通常CD(ポリカーボネイト)
<耐候特性比較> CRYSTAL CD vs. 通常CD(ポリカーボネイト)<物理特性比較> CRYSTAL CD vs. 通常CD(ポリカーボネイト)

ポイントの三つ目は、高次元マスタリングシステムとこのハイレベルなガラスCD製造技術を単に組み合せることに留まらず、さらなる高音質化に向けてのアプローチを行い、様々なノウハウとオリジナル技術を導入していることです。この部分が非常に重要で、「K2HD MASTERING +CRYSTAL」のサウンドに一番大きな効果をもたらしています。

マスタリング行程では、従来のK2HDマスタリングとはまた異なる、ガラスCD制作に最適なマスタリングシステムを再構築し、「K2HD MASTERING + CRYSTAL」の為だけのワンランクアップしたマスターづくりを実施しています。マスタリングルーム自体では根本的なシステムの見直しや電源回りの改善、機材面では“K2HDコーディング”の設定調整やDAWの高音質化カスタマイズ、併せてマスターのデータを記録するDVD-Rやハードディスク等のメディア全般の音質チェックと組み合せの確認等々、今まで常識とされていた部分も一旦リセットし、ゼロからガラスCDに最適なシステムの再構築を行ないました。これにより通常のK2HDマスタリングとは次元の異なるマスタークオリティーが実現しました。

また、製造工程でも、メモリーテックが展開する「CRYSTAL DISC」とは別に、K2HDマスタリングのサウンドカラーに適したシステムやノウハウ、加えて共同開発のテクノロジーを随所に導入しています。カッティングマシン周辺機器の機種選定や音質改善、システムの再構築や電源の見直し、そしてK2HD MASTERING +CRYSTAL用に設定されたオリジナルのデータ精製システムを導入し、非常にピュアで最短のマスターデータの転送経路でのカッディング行程を構築しました。
アナログレコードの頃ならば“ダイレクトカッティング”とも言える鮮度でマスターの魅力を余すことなく収め、通常のクリスタルディスクをも超える表現力を具現化しています。
「K2HD MASTERING + CRYSTAL」により表現される音のクオリティーは、「CRYSTAL DISC」や「K2HDマスタリング」のそれぞれ単体では残念ながら再現は出来ません。2つを併せてより高みへと導くこのアプローチとノウハウがあってこそ、“マスタークオリティー”とも言える究極の音を可能にしています。

「K2HD MASTERING+CRYSTAL」には、
44.1kHz/16bitのCDフォーマットを遥かに超えた表現力と、
通常のポリカーボネイト樹脂系の素材では特性的に比較にならない高度な繊細さを持つ想像を超えた未次元の世界が収められています。

※「K2HD MASTERING + CRYSTAL」は、マスターからの音質変化を
極力防ぐため、レーベルデザインの仕様にも推奨の規格を設けてあります。

〜群を抜く表現力と素材、「K2HD MASTERING + HQ」〜

「K2HD MASTERING +(プラス) HQ」は、K2HDマスタリングにより引き出された楽曲の魅力を、広帯域で高分解能な音楽情報でHQ(Hi Quality)CDに収めることが可能です。

HQ(Hi Quality)CDは、メモリーテック株式会社が開発した高品位CDです。基盤の素材に超薄型液晶パネル用グレードのポリカーボネイトを採用しているのが特徴のひとつです。これにより従来の樹脂にと比べ流動性・転写性・透過性が向上し、スタンパー原盤からの高精密な複製を実現しました。高透明性、低複屈折を兼ね備えることで読取レーザーの入射光が結晶を進む速度が変化し難くなり、光分散が抑えられることによって、従来のCDよりも正確な信号情報の読み取りを可能にしています。

更に反射膜に特殊合金を使用し、反射率・RF信号の特性を向上させています。この部分は他の高品質CDと一線を博すところで、同社のみが有するHD DVD開発のノウハウを活用し、特殊反射膜にきめ細かい結晶を形成することで、従来のアルミ膜よりも反射率の向上を図り読み取り精度をアップさせました。独自開発の特殊合金反射膜は耐久性、耐熱性、耐光性にも優れ車載プレーヤーでの使用にも考慮されています。
この素材の違いは、音の粒の繊細さ、解像度・透明感・臨場感の劇的なアップ等のサウンド面にその効果が発揮されています。

<再生電気信号比較(Jitter特性)> HQCD vs. 通常CD(ポリカーボネイト)バランスグラフ

この高品位なHQCDと、K2HDマスタリングが施された高次元マスターを単に組み合わせるのではなく、「K2HD MASTERING + CRYSTAL」で得たノウハウとオリジナル技術を随所に施し、マスターの持つクオリティーの再現に努めたのが「K2HD MASTERING + (プラス) HQ」です。
FLAIRの音の基準は“原音”、それはCDづくりにおいては「マスター」です。マスターの持つ魅力を如何に忠実に伝えられるか、マスターを如何に忠実にパッケージ出来るか、その基準をHQCDと共有しています。K2HDマスタリングのサウンドカラーに適したシステムやノウハウ、加えて共同開発のテクノロジーを導入し、一切の妥協なく最適化・高音質化を図っています。これによりマスターの情報を余すことなく収め、通常のHQCDとは別次元の表現力を実現しました。

〜〜CDの可能性を広げる、「K2HD MASTERING + CD」〜

マスターの完成度が高ければ高い程、そこに拘わりがあればある程、かたちを変えずにそのまま届けたい。この制作者の想いが込められたマスターを如何に忠実にパッケージ出来るか、その絶対的な基準でつくられるのが、「K2HD MASTERING +(プラス) CD」です。

「K2HD MASTERING + CRYSTAL」の高音質化のノウハウとオリジナル技術を通常のノーマルCDづくりにもにも施し、マスターづくりでは更なるクオリティーの向上を、そしてマスターが出来上がった以降では忠実な再現性を実現しています。K2HDマスタリングのサウンドカラーに最適な製造工程までの高音質化と、カッティングマシンやスタンパーの特性を踏まえたマスタリングでの音づくり、そして「K2HD MASTERING + CRYSTAL」で培われた他には無いテクノロジーとノウハウが随所に施され、これまでのCDの表現力の可能生を更に広げました。
CDの中身である楽曲をより魅力的に伝える為に、それを伝える外身であるCD自体のクオリーティーのサポートを行います。

<制作の流れ>

「K2HD MASTERING +シリーズ」は、マスタリングからCD製造までをFLAIRでサポートします。
まず、FLAIRにてK2HDマスタリングを実施し、これまでにない高次元マスターを作成します。素材(持ち込まれる)となる音源の形態は問いません。アナログテープでもデータでもOKです。インターネットを使用してのデータの受け渡しにも完全に対応しています。K2HDマスタリングが施されたマスターを、FLAIRとメモリーテックとの共同開発によるテクノロジーと独自のノウハウが詰め込まれた専用ラインにてカッティング及びプレスを行ない、再度FLAIRにて仕上り製品のサウンドチェック後、完成の流れとなります。

制作の流れイメージ

K2HD MASTERING + (プラス) シリーズ」は、
FLAIRが展開する高音質CD制作プロジェクトです。

※すべてのCDプレイヤーで再生出来ます